工場勤務コラム

女性が工場で働くときのメリット・デメリット

工場勤務の女性が感じている、工場で働く上でのメリット・デメリットをまとめました。

女性にとっての工場で働くメリットとは?

工場勤務を考えている女性にとって気になる点の1つが、休みやすさでしょう。特に子供がいる家庭の場合には、学校の行事や子供が熱を出したときの休みがとりやすいかは大切なポイントです。

実は工場で働く場合には、ほかの職場と比較して休みがとりやすいという点があげられます。

流れ作業で行われている場合が多いため、その日の人数に応じてどのような作業を行うかが割り当てられます。そのため急な欠員が出たとしても、臨機応変に対応できるというのが工場勤務における特徴の1つです。

また工場勤務のメリットとして、服装の心配がないという点があげられます。

作業服が支給されるところもあれば、汚れてもいい服装という指定しかないケースも見られます。おしゃれに気を使うことなく働けるので、仕事のために洋服を新たに購入する必要もありません。

ただし冷凍食品を扱うような工場だと、冷えるので寒さ対策を考える必要があります。

基本的に作業中は立ったままなので注意が必要!

休みがとりやすいというメリットがある一方で、工場勤務で注意が必要なのは基本的に立ち仕事だという点です。

立ち仕事が続くと、足がむくみやすくなる女性も多いので注意しましょう。また同じ姿勢で立ち続けていると冷え性に悩まされる方もいます。

同じ姿勢が続く場合は、むくみや冷え性につながるため、仕事中でもこまめに足を動かして血流を良くするのも1つの手です。

工場勤務のデメリットには、単純作業が続くという点もあげられます。同じような商品の仕分けやピッキング作業は、単調でつまらないと感じる方もいるでしょう。

仕事に変化や刺激を求めるという方であれば、別の職種を検討することも必要です。一方で1つの作業をコツコツと続けていくのが好きな方は、工場の仕事にやりがいを感じやすいと考えることも可能です。