福利厚生

工場勤務の寮ってどんな感じ?きれい?住みやすさは?

生活のしやすさを確認しよう

工場勤務の求人を探す際は、寮が用意されているかどうかも確認しておきたいところです。

まず寮に入ることができれば家賃はとても安くなりますし、工場まで近いので通勤もとても楽となります。

通常の引越しの際は家具や家電などを購入したり、運ぶ手間もありますが、寮の場合は生活に必要な家具や家電がすでに用意されていることが多く、引越しが楽にできること、引越しに多くの費用が発生しないのもメリットです。

工場の仕事では寮が用意されていることも多いですが、利用料はそれぞれ違いがありますので、じっくりと比較して選んでいきましょう。

食堂・食事補助があるかもチェック

さらに食事補助もあると、毎日の食事の用意もとても楽になります。

毎日、栄養のバランスが取れた食事を食べることができますし、安く利用できることが多いので、食費もより安く抑えられるようになります。

食事がついていない寮の場合は自動販売機などの充実も調べておきたいところです。そして、食事は自炊を希望するという人はキッチンが使えるかも確かめておくと良いでしょう。

住みやすさが第一

寮を利用する際は部屋の広さや住みやすさもよく確認しておきましょう。格安や無料で入れる場合は、お風呂やトイレ、洗濯機などは共同で使うことが多くなっています。

よりプライバシーを重視するのであれば、利用料はやや高くても、通常のマンションのような寮を選んでおきたいところです。マンションタイプであれば、お風呂やトイレも好きなときに利用できるようになります。

一人で入居する場合はワンルームなどが多いですが、家族で入りたい場合は家族寮が用意されているかも調べておきましょう。

住みやすさを追求するのであれば、周辺の環境の良さもチェックしておきたいところです。

期間工の独身寮

自動車工場ではたらく期間工のために用意された寮は、利用料無料、食堂・食事補助ありというところが多いです。

昔はタコ部屋と呼ばれていたこともありますが、現在はほとんどが一人部屋、さらには完全個室のマンションタイプも増えてきました。

寮付きの工場を探しているのなら、期間工の仕事も考慮してみるといいでしょう。