工場の仕事

工場勤務のメリットとデメリット

作業に集中するだけに人間関係にあまり左右されない

接客業や営業の仕事では、人と話すことが苦手という人は仕事がうまくいかないことも多いものです。また、お客さんとではなく社内での人間関係に悩みを抱える人も多くいます。

工場勤務では、それほど人間関係に左右されることはありません。指示された作業をこなすことになるので、最低限の職場の人とのコミュニケーションが必要ではあるものの、工場勤務はこの点がメリットともなります。

しかし、職場の人と楽しみながら仕事をしていきたいと考えている人には逆にデメリットともなり、仕事に行ってもただ作業をこなすだけでつまらなく感じてしまいます。

工場によっても休憩時間はみんなでお茶を入れて飲んだりといったコミュニケーションの場が用意されていることもあるので、自分に合った雰囲気かどうかの見極めも必要です。

取引先の休みに合わせて工場の休みも決まる

一般的な工場勤務となると、土日祝日が休みとなるのが一般的ですが、取引先によってはそうとは限らないケースもあります。

スーパーやコンビニエンスストアと取引をしているとなると、土日祝日であっても工場での生産が必要となり、できるだけ出勤して欲しいと会社側から頼まれることもあります。

また、24時間体制で生産を行う工場もあり、3交代などスタッフが交代で休みを取るようなシフトが組まれることもあるため、日勤だけでなく夜勤に入る可能性も出てきます。

物作りに興味がある人にも向いている

工場での仕事といっても生産している物の種類は様々であり、機械を操作するオペレーターの仕事や手作業で行っている仕事もあります。

物作りに興味があるという人でも、職人として就職するとなるのは難しいものですが、工場勤務であればより手軽に物作りに携わることができるというメリットがあります。コツコツと仕事をこなすことが得意という人には向いており、楽しみながら仕事ができます。

自分が作ったものが店頭に並んでいるのを見れば、さらにやる気もアップして仕事のやりがいにもつながっていきます。