採用について

工場勤務の面接を成功させるための秘訣

工場勤務は立派な社会人

人との接客が苦手、営業ノルマが厳しいといった仕事への不安から、工場勤務へ転職しようと考える人もいます。

工場勤務といっても正社員からパートまでいろいろな雇用条件はありますが、どちらにしても社会に出て働くという事に変わりはありません。つまり、社会人としてのマナーを身に着けていなければ、面接をした時点で不採用となってしまう可能性もあるのです。

服装や身だしなみに気を付ける

工場勤務というと、作業着での勤務というところが少なくありません。だからといって面接時に何を着ていっていいというわけではありません。

社会人としてのマナーから、体にあったスーツを着ていくことが望ましいと言われています。

女性でパート志望の場合は、シンプルなブラウスとスカート(パンツ)、カーディガンなど落ち着いた服装ならセーフです。

靴もスニーカーではなく、きちんとした革靴を履いていくようにします。また、髪の毛や爪、男性であれば髭はキレイに整えておきましょう。

持ち物や自己PRの重要性

面接時には履歴書も必要となります。今までに職務経験がある場合は、職務経歴書も一緒に必要です。こういった書類は折れ曲がってしまうと印象が悪くなってしまうので、クリアファイルなどに入れて丁寧に扱うようにします。

面接時に暗い顔をしていてはマイナスイメージとなります。なるべく明るい表情で、質問にははっきりと答えるようにこころがけましょう。

自己PRの対応もしておかなければなりません。例えば、工場勤務を選んだ理由が、人と会わなくてすむからと答えていては、不採用となる可能性が高くなってしまいます。同じ作業を黙々と続ける根気のよさに自信がある、人との協調性に優れているといったアピールポイントで自己PR出来るようにするといいでしょう。

工場勤務の面接であっても、何も準備しなくていいというわけではありません。しっかり準備して、採用がもらえるように努力することが大切です。