採用について

工場勤務の面接時の服装について【普段着はNG】

工場勤務の仕事の面接の基本

工場勤務の仕事がしたいと考えている人もいるでしょう。無事に書類審査が通り、面接となった場合の服装はスーツが基本です。

工場では作業着が主となるため、カジュアルな格好で面接に臨んでも良いのでは?と思う方もいるかもしれません。しかし、あくまで面接です。
一般的な考えと同じように、スーツを着ていくことが大切です。私服では行かないよう注意してください。

身だしなみを整えることが重要

工場勤務でも他の企業の面接の際でも変わりませんが、まずは身だしなみを整えましょう。

カジュアルな服装ではなく、スーツを着たから良いわけではありません。大きめや小さめのサイズはNGで、身体に合ったものを着てください。

また中に着るシャツも汚れやシワがないか、ネクタイもきちんと締めているかチェックしておきましょう。

髪もできれば面接の数日前には切っておき、清潔な印象を与えられるよう確認しておくことが重要です。

それ以外にも工場勤務になりますので、爪を切っておくことも忘れないようにしてくださいね。長いと仕事に支障が出るため、面接官からは意外に見られるところでもあります。

清潔感を意識することが、印象アップにも繋がります。

カジュアルな服装でも良いところもある?

面接はカジュアルな服装でも良いところも実はあります。

工場側から当日はスーツではなく、普段着でお越しくださいと言われている場合がその一つですね。

どうしてもかしこまってしまう側面があり、いつもの自分を見せて欲しいという意味が多いため、この場合には私服で行っても問題ありません。

実際に工場勤務をすることになった場合は、働き方や人間性も非常に大切です。普段着で来ることで、その人の性格を少しでも理解したいという会社側の考えがあります。

アルバイトでの採用の場合も私服で構いませんが、将来的に正社員を目指す場合にはスーツが好ましいでしょう。