工場勤務コラム

肉体労働の工場勤務者が気をつけることと疲労回復のヒント

肉体的疲労

肉体労働は、体が資本であることから疲労を溜めないことが大事になります。

疲労を蓄積すると体力が回復しないばかりか、ストレスが溜まったり、集中力の低下にも繋がり、仕事の質が落ちたり、思わぬ事故や怪我に繋がったりしかねません。

疲労と一口でいっても様々なものがあり、その要因に応じて対処方法が変わってきます。肉体労働に関係するのは、ストレスが原因となる精神的疲労と体の疲れによる肉体的疲労の2つが挙げられ、特に気をつけるべきは肉体的疲労であると言うことができます。

肉体的疲労は、酸性である乳酸が体内に溜まることで筋肉痛や張りなどの症状を引き起こす疲労です。

疲労回復の方法

Hans / Pixabay

肉体的疲労の場合、ストレッチや整理運動などを行うことで症状が緩和するとされています。

また、睡眠の質をあげることも効果があります。摂取された栄養は睡眠中に体に効果をもたらします。そして、成長ホルモンの働きで寝ている間に傷ついた筋肉の修復が行われるので、睡眠の質が問題になるのです。

睡眠の質を改善したとして、もうひとつ気をつけるべきポイントは起きるタイミングになります。睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠の2種類があります。90分おきの交互にやって来るとされているので、切り替わるタイミングである6時間から7時間半後に目が覚めるようにするとスッキリと目覚めることができます。

また、休息を適度にとることも疲労回復には大事なことになります。まとめてとるよりも小まめに短時間ずつとるのが効果的といわれています。

体力づくりも効果的

肉体労働に耐えるため、体力づくりを行うことも疲労回復には効果的です。

ただし、疲れが溜まった状態で行うのは疲労骨折などの弊害もあるためおすすめできません。筋トレなどを行う場合は、手首などの小さな筋肉を鍛えるようにしましょう。

肉体労働は全身の大きな筋肉を動かすため、小さな筋肉を鍛えることで体への負担が少なくなるためです。

また全身の血液循環を円滑に促すために、ストレッチを寝る前の習慣にするのがおすすめです。こうすることで、翌日に疲れを残さずスッキリと目覚めるようになります。