工場の仕事

工場勤務の交代制はどんな感じ?気をつけることは?

交代制がどのようなものか知ろう

工場勤務における働き方の1つに交代制があげられます。

例えば3交代制の働き方の場合だと、最初の人が8時半~17時半で次の人が17時~2時、そして最後の組が1時~9時というような形でシフトを回していきます

工場側が3交代制を導入するメリットとしては、フルタイムで稼働できるという点があげられます。

常時工場を稼働させなければ、製品の製造が追いつかないというケースも多く見られます。そのような工場では交代制を導入することで、24時間従業員が絶えず働けるような環境を整えています。

資格がなくても働けて夜間なら高時給

工場勤務におけるメリットの1つが、資格がない方でも働きやすいという点です。

無資格や高卒でも就職できる仕事が多いので、学歴がない方でも働くことが可能です。そして交代制の場合には深夜勤務も必ず行います。深夜勤務は昼間に働くよりも、時給が高くなるというのがポイントの1つです。

そのため深夜も働く工場勤務ならば、同じ時間の労働でも効率よく稼ぎやすいのです。そのほかのメリットには、残業が発生しにくいという点もあります。シフト制で決められた時間で働くため、残業が発生する可能性が低くなっています。

キツイ睡眠不足…体調管理に注意しよう!

JESHOOTScom / Pixabay

効率よく稼ぎやすいメリットがある一方で、工場勤務の交代制には注意が必要な点があります。

その注意点というのが、勤務時間が不規則という点です。毎日同じ時間に起床して、仕事に行くというようなルーティーンを作れません。

深夜勤務が続くと、睡眠不足でキツイ思いをする方もいるでしょう。睡眠不足は作業ミスや体調不良にもつながる要素なので、日々の体調管理に気を使うことも忘れてはいけません。

不規則な勤務だとスケジュールの管理が難しいと感じる方もいるので、シフトのチェックをこまめに行うことも大切です。