期間工

期間工ってどんな仕事?稼げるって本当?

他の非正規雇用に比べると年収が高い

期間工とは、契約で定められた一定期間を製造業のライン工として働く職業です。

主に自動車メーカーが募集していて、年間を通して常に求人がある状態なので、期間工には比較的なりやすいです。

期間工は非正規雇用ですが、年収換算にすると他の非正規雇用に比べて高くなっています。期間工の平均年収は430万円ほどで、特に技術や経験がなくても始められる仕事であるため、お金を短期間で貯めることを目的にやっている人もいます。

期間工の求人情報を見ても経験不問を大々的に宣伝していますし、特に健康に問題がなくて若ければ高確率で採用されます。

無料または格安の寮に入れる

期間工は、メーカーの直雇用の場合は寮に入ることが可能です。寮費は一般的な賃貸物件を借りるよりも安かったり、中には無料で貸し出されることも。

メーカーによっては光熱費や食費などもこの寮費に含まれていることがあるため、生活費はかなり抑えることができます。この費用は給料から天引きされて残りが支給されるという形になることが多いです。

このように日常の生活費がかなり抑えられるため、目標額を決めてお金を貯め、自分の夢に投資する人も多くいます。

手当がつくため高収入になりやすい

期間工は様々な手当てがあります。代表的なのが満了金で、一定期間働くことができれば事前に提示されていた金額をボーナスとしてもらうことができます。

また、夜勤にも手当がつきますし、休日出勤手当などもあります。平均年収は400万円前後となっていますがあくまでこれは平均で、例えば夜勤が多いラインに配属されて夜勤手当をたくさんもらうことができれば、500万円近く稼ぐこともできます。

ただし、どのラインに配属されるかは自分で決めることはできないため注意が必要です。

基本的には期間工は3か月ごとの更新となり更新は任意となっていますが、更新は特に問題がなければ可能です。そのため、同じ会社で期間工として働ける上限の2年11か月までは働き続けられると考えて問題ありません。

アウトソーシングを利用するべし!

期間工になりたい人は、まずアウトソーシング(派遣会社)に登録して、そこから希望の職場を紹介してもらいましょう。

派遣と言ってもその派遣会社に籍を置くわけではなく、雇用主はあくまでも就業先のメーカーになります。

アウトソーシングを利用することのメリットはこちら。

・入社祝い金がたくさんもらえる
・採用までの世話をしてもらえる
・面接指導
・その人にあった職場を紹介してくれる

とにかくメリットしかないです。

これを知らずに、求人誌などから応募すると入社祝い金が少なかったり、面接時のサポートなどが受けられません。ぜひ覚えておいてください。

おすすめのアウトソーシング(期間工求人紹介会社)

期間工求人をお探しなら、こちらの「はたらくヨロコビ.com」というサイトをおすすめします。

探しやすく、案件もかなり豊富。入社祝い金も期待できます。

はたらくヨロコビ.com

自分に合った職場を探すときも、相談にのってもらえます。初心者の人ほど心強い存在となると思いますよ。

期間工以外にも工場派遣の求人が豊富なので、ブクマしておくと便利なサイトです。